新たな世界、ネメシストピアへようこそ…

手のひらサイズの暗黒司令官

皆さんこんにちわー

今日のキラメイジャーは小夜(キラメイピンク)回でしたね。

記憶喪失によって5歳になった小夜が可愛かったですねw(とあるライダーが反応しそうw)

外出自粛の日々が続く中、ニチアサは唯一の楽しみでもありますね^^

また来週も楽しみにしたいと思います~

 

というわけで、今回はTFカーロボット スパイチェンジャー ブラックコンボイ(海外版)を紹介します!

 

 

◆今回の紹介ポイント◆

 ・簡易変形

 ・ほぼ同じ変形パターン

 ・通常版ブラックコンボイとの比較

 ・可動は2箇所

 

今回紹介するスパイチェンジャーは、国内で言うEZコレクションやサイバーバースといった簡易変形シリーズですね。今回紹介するブラックコンボイは、ワイルドライドとセットで販売されており、他にもファイヤーコンボイやゴッドマグナスがあります。(ちなみに私はネットでブラックコンボイのみ入手しました)

では早速入りましょう~

 

ビークルモード◆

f:id:nesutonemesisu:20200411160039j:plain

トレーラーキャブに変形します。通常版ではタンクローリーも付属していましたが、今回はキャブのみとなってます。

f:id:nesutonemesisu:20200411160326j:plain

後部はこんな感じ。今回のスパイチェンジャー版ではつま先が上向きですね。

f:id:nesutonemesisu:20200411160524j:plain

後輪2つのうち、内側のタイヤについてはダミーとなってます。

 

では、トランスフォーム!

f:id:nesutonemesisu:20200411163211j:plain

今回のブラックコンボイですが、通常版と変形パターンがほぼ一緒なんですよね。唯一の違いは、つま先の変形や頭部の出し方ですねー

 

◆ロボットモード◆

f:id:nesutonemesisu:20200411160927j:plain

ビークルもそうでしたが、通常版と同じデザインになっていて良いですね!大きさのせいか少し可愛らしい気もw

f:id:nesutonemesisu:20200411161228j:plain

背面はこんな感じ。

f:id:nesutonemesisu:20200411161338j:plain

頭部アップ

小さいサイズながら通常版と同じ形状・デザインになってますね!マスクオン顔はいつ見ても良いですね^^

 

◆比較◆

f:id:nesutonemesisu:20200411161516j:plain

ここでカーロボットの通常版ブラックコンボイと比較してみましょう。まずビークルモードについては、フロントのメッキの有無や赤のウィンドパーツの色具合に違いはあるものの、それ以外は同じですね。

f:id:nesutonemesisu:20200411161848j:plain

側面を見ると今回のスパイチェンジャー版は若竹色がやや少なめですね。タイヤのホイールのデザインはほぼ同じですね。

f:id:nesutonemesisu:20200411162004j:plain

ビークル底面の配置も同じですね。

f:id:nesutonemesisu:20200411162125j:plain

続いてロボットモードを比較。スパイチェンジャー版は脚部が一体化していますが、それ以外を除けば通常版とほぼ同じですね。簡易変形アイテムは、デザインが簡素化されがちですが、今回のブラックコンボイはデザインがほぼ同じなのが凄いですね^^

f:id:nesutonemesisu:20200411162355j:plain

背面も運転席部分がそのまま配置されてるあたり通常版と同じですね。やはりスパイチェンジャー版は若竹色が少なめですね。

 

◆可動に関して◆

f:id:nesutonemesisu:20200411162604j:plain

変形の都合もあり、可動は肩(横のみ)と肘の2箇所だけですね。まあ簡易変形がメインのような感じなのでポーズ付けはできないですね。

f:id:nesutonemesisu:20200411163038j:plain

ブラックコンボイ「小さな悪の種を撒いて、街中に悪の華を咲かせねば…」

 

以上、TFカーロボット スパイチェンジャー ブラックコンボイ(海外版)のレビューでした!

簡易変形ながら通常版のブラックコンボイと同じデザインになっていて良いですね!可動箇所が2箇所だけということで、ポーズ付けはできませんが、通常版と同じ変形工程になっているのも特徴ですね。皆さんもこの可愛らしい(?)暗黒司令官を手にしてみてはいかがでしょうか?