全てのネメシス系は、この私が手にする…

フランス訛りのオートボット【実写TFレビュー祭】

皆さんこんばんわー

今日は祝日(山の日)ということで休みでしたね。

合わせてお盆休みに入ったということで、

実家に帰省される方もいらっしゃると思います。

(ちなみに私は実家暮らしのため、特に遠出する予定もないですが…w)

帰省される方は、熱中症とコロナには気を付けて

良いお盆休みを過ごしてくださいね。

 

というわけで、今回はTF最後の騎士王 TLK‐20 オートボットホットロッドを紹介します!

 

 

◆今回の紹介ポイント◆

 ・ムービーアドバンスド版ロックダウンのリデコ

 ・リデコとは思えないビークルとロボットの再現度

 ・付属武器は無し

 ・スタジオ版WWⅡホットロッドとの比較

 

さて、先週の「実写TF15周年祭」のムービーザベスト版バンブルビーでもお伝えしましたが、今月は「実写TFレビュー祭」ということで、実写TF関係のレビューだけをお届けしたいと思います!

最初の1体目は、最後の騎士王版ホットロッドということで、実写5作目最後の騎士王で初登場したオートボットですね!バンブルビーの戦友でもあり、フランス語訛りで話すのも特徴でしたね。今回の最後の騎士王版は、完全新規というわけではなく、ムービーアドバンスド版ロックダウンのリデコアイテムとなっていますが、リデコながら劇中のデザインを再現されているのが特徴ですよ^^

では早速入りましょう!

 

ビークルモード◆

f:id:nesutonemesisu:20210824201426j:plain

ランボルギーニ・チェンテナリオに変形します。ムービーアドバンスド版ロックダウンのリデコとは思えないぐらい、劇中を再現されていてカッコ良いですね!劇中ではブラックにオレンジの差し色でしたが、玩具版はオレンジというより、どちらかというと赤に近い差し色となっています。

f:id:nesutonemesisu:20210824201636j:plain

後部はこんな感じ。後部のデザインもカッコ良いですね!ビークル全体の形状や分割線の位置は、リデコ元のロックダウンの面影を感じさせます。

f:id:nesutonemesisu:20210824201651j:plain

ボンネットには、ランボルギーニのロゴがプリントされています。細かいですね~

f:id:nesutonemesisu:20210824202727j:plain

リデコ元のロックダウンでは、両サイドのウィンドがほぼ全開だったのに対し、今回のホットロッドではしっかりウィンドが付いていますね^^

 

では、トランスフォーム!

 

◆ロボットモード◆

f:id:nesutonemesisu:20210824202001j:plain

全体のシルエットは、ロックダウンの面影がありますが、リデコながら劇中のホットロッドのデザインを再現されていると思います!下半身がロックダウンとほぼ同じなのが少し惜しい気もしますね^^;いつかスタジオ版で完全新規のホットロッドが出て欲しいですね~

f:id:nesutonemesisu:20210824202022j:plain

背面はこんな感じ。ビークル天面のガワパーツがまとめられていますね。(ロックダウンに比べると少しマシになった気も…w)劇中では背面にドアのようなパーツが付いていましたが、今回はそこまで再現されていませんね^^;

f:id:nesutonemesisu:20210824202711j:plain

ちなみに今回のホットロッドですが、腕の変形がリデコ元のロックダウンから1つ手順が追加されており、

f:id:nesutonemesisu:20210824202837j:plain

このようにビークル側面のパーツを折り曲げる工程が追加されています。ここは今回のホットロッドの大きなポイントですね^^

f:id:nesutonemesisu:20210824203100j:plain

頭部アップ

頭部は完全新規となっており、劇中再現度は高めですね!なかなかカッコ良いと思います^^

f:id:nesutonemesisu:20210824203051j:plain

胴体がリデコ元のロックダウンと同じような感じなのが少し残念ですが、ライトのパーツがビークルモードとしっかり共有されているのは個人的に良いと思います!

f:id:nesutonemesisu:20210824203118j:plain

ちなみに今回のホットロッドには付属武器がありません。代わりにスタジオ版WWⅡホットロッドに付属の銃を持たせると良い感じですね!

 

◆比較◆

f:id:nesutonemesisu:20210824203541j:plain

ここでスタジオ版WWⅡホットロッドと比較してみましょう。まずロボットモードを比較するとこんな感じ。どちらのホットロッドも劇中に近いデザインになっていると思いますが、個人的にスタジオ版がほぼガワ変形だったこともあり、ある意味今回の最後の騎士王版が好きですねー

f:id:nesutonemesisu:20210824203446j:plain

アップで見るとこんな感じ。どちらも頭部の再現度は高めでカッコ良いですね~

f:id:nesutonemesisu:20210824203640j:plain

続いてビークルモードを比較するとこんな感じ。スタジオ版はオリジナルの装甲車だったのに対し、今回はリデコながらしっかり劇中のビークルを再現されているのが良いですね!

 

◆可動に関して◆

f:id:nesutonemesisu:20210824204057j:plain

両肩部分が少し干渉しやすいですが、パーツを調整すれば、ある程度動かすことはできますね。下半身については、逆にガワパーツも無くシンプルなので良く動きます。

f:id:nesutonemesisu:20210824204201j:plain

下半身の構造がシンプルなので、膝立ちはこの通り可能ですね。

f:id:nesutonemesisu:20210824204019j:plain

ホットロッド「過去の戦いでもバンブルビーと共に戦い抜いて来たんだぜ!」

 

以上、TF最後の騎士王 TLK‐20 オートボットホットロッドのレビューでした!

所々にリデコ元のムービーアドバンスド版ロックダウンの面影を感じさせますが、リデコながら再現度は高めで、特にビークルモードがちゃんと劇中のランボルギーニ・チェンテナリオを再現されているところが良いと思います!付属武器が無いところが残念ですが、アイテムとしてはなかなか良いと思いますので、皆さんも手にしてみてはいかがでしょうか?(もし、今後機会があれば、スタジオ版で新規のホットロッドを出して欲しいですね~)