全てのネメシス系は、この私が手にする…

ガラケーTFの逆襲!?【実写TFレビュー祭】

皆さんこんにちわー

今日は日曜ということで、今週も終わりですね。

仮面ライダーバイスは、先週から狩崎が変身した仮面ライダージュウガが

登場しましたが、圧倒的な力でしたね^^;(黒とゴールドのカラーがカッコ良いな~)

最終的に一輝とバイスが狩崎を撃破し、狩崎も父親の愛情を知ることができ、

どうにか無事に戻りましたね。

(その代わり、一輝がついに大二やさくらの記憶を無くしたのが衝撃でしたが…)

バイスも最終回まで残りわずかですが、最後まで見逃せないですね!

 

というわけで、今回はTFムービー MA‐07 スピードダイヤル800を紹介します!

 

 

◆今回の紹介ポイント◆

 ・蘇る携帯電話(ガラケー)

 ・ディスプレイ画面の時刻は…

 ・カメラ部分はそのまま目に

 ・シンプルな見た目以上の可動

 

実写TFレビュー祭、今回はスピードダイヤル800ということで、実写1作目の公開当時に発売されたリアルギアと呼ばれるシリーズのキャラですね。いわゆる実写2作目リベンジの序盤で少し登場したキッチンTFのような感じのTFとなっており、他にも携帯ゲーム機やデジタルカメラ等いくつか発売されていました。

では早速入りましょう~

 

◆携帯電話モード◆

f:id:nesutonemesisu:20220312164954j:plain

携帯電話(ガラケー)に変形します。スマホが普及している今の時代でガラケーは、ほとんど見かけなくなりましたね。機種のモチーフは無く、玩具オリジナルの携帯電話となっています。どこか懐かしさを感じさせるデザインで良いですね^^

f:id:nesutonemesisu:20220312165032j:plain

裏面はこんな感じ。モールドと分割線が見えるため、実際のガラケーよりもメカっぽい感じにw大きさについては、実際のガラケーと大体同じサイズです。

f:id:nesutonemesisu:20220312165159j:plain

小型ディスプレイ画面には、オートボットエンブレムと時刻が表示されています。この部分はシールが貼られています。

f:id:nesutonemesisu:20220312165358j:plain

f:id:nesutonemesisu:20220312165407j:plain

ガラケーの両側にはボタンの造形があります。電源ボタンと音量調節(?)っぽいボタンのようですね。どちらもボタンを押すことはできません。

f:id:nesutonemesisu:20220312165431j:plain

ディスプレイ画面の付け根部分には、カメラが付いています。

f:id:nesutonemesisu:20220312165604j:plain

ちなみにカメラの下のパーツを左右に開くとこのように顔が出てきますw(なんか口元がいやらしい…w)

f:id:nesutonemesisu:20220312165659j:plain

続いてディスプレイ画面を開いた状態はこんな感じ。今では懐かしい昔のガラケーで良いですね!ガラケーの特徴をよく再現されていると思います。

f:id:nesutonemesisu:20220312165656j:plain

ディスプレイ画面はこんな感じ。こちらにもオートボットエンブレムと時刻が表示されていますね。同じくシールが貼られています。ちなみに先ほどの小型ディスプレイ画面にもあった時刻8:04ですが、実写1作目の日本公開日8/4がベースとなっています。(ちなみに海外版では時刻が7:47となっており、全米公開日の2007/7/4をモチーフにしているそうです)

f:id:nesutonemesisu:20220312194657j:plain

ボタン操作部分は、簡素な感じではありますがしっかり再現されています。ボタンを押すことはできません。

 

では、トランスフォーム!

f:id:nesutonemesisu:20220312194628j:plain

今回のスピードダイヤル800は、簡単な変形になっています。まずディスプレイ画面を反転させ、

f:id:nesutonemesisu:20220312194945j:plain

このように折り畳みます。

f:id:nesutonemesisu:20220312195510j:plain

f:id:nesutonemesisu:20220312195618j:plain

ボタン操作部分と両側のパーツをこのように展開していき、

f:id:nesutonemesisu:20220312195431j:plain

腕と脚をそれぞれ整えます。

f:id:nesutonemesisu:20220312195822j:plain

最後にカメラの下のパネルを左右に開けば、変形完了です。

 

◆ロボットモード◆

f:id:nesutonemesisu:20220312200137j:plain

実写系TFにしては、比較的シンプルなデザインですね。携帯電話からロボットになるということで、どこかケー〇イ捜査官っぽさを感じますねwそれにしてもリベンジ序盤のキッチンTFもそうでしたが、身近の機器や家電がTFになるのはワクワクしますね^^

f:id:nesutonemesisu:20220312200143j:plain

背面はこんな感じ。ディスプレイ画面がそのまま配置されています。

f:id:nesutonemesisu:20220312200433j:plain

頭部アップ

カメラ部分がそのまま目になるという大胆な顔ですねwいや~改めて見ても口元がいやらしい気も…w

f:id:nesutonemesisu:20220312200924j:plain

ちなみに背面のディスプレイ画面を少し上げることにより、

f:id:nesutonemesisu:20220312200517j:plain

f:id:nesutonemesisu:20220312200526j:plain

少しではありますが、頭部を左右に可動させることができます。

 

◆可動に関して◆

f:id:nesutonemesisu:20220312201037j:plain

今回のスピードダイヤル800は、見かけ以上に動きますね。特に腕は、肩と肘がボールジョイントのため広く動かすことができます。手首も上下に可動するのもポイントですね。

f:id:nesutonemesisu:20220312201140j:plain

脚部の構造上、膝立ちはできないですが、変形機構を使えば正座させることができますよー(なかなか可愛らしいw)

f:id:nesutonemesisu:20220312200948j:plain

スピードダイヤル800「どこかに可愛いk…ディセプティコンがいないか探っている…」

 

以上、TFムービー MA‐07 スピードダイヤル800のレビューでした!

スマホが普及している現代では懐かしいガラケーに変形するTFということで、シンプルながらどこか可愛らしいデザインに仕上がっていると思います。特にカメラ部分がそのまま目になる頭部デザインやシンプルな見た目以上に可動が広めなのが、今回のスピードダイヤル800のポイントだと思いますので、興味がある方は手にしてみてはいかがでしょうか?