新たな世界、ネメシストピアへようこそ…

4本腕の赤き巨体 (デバステーター⑧)

皆さんこんばんわー

今日は1日とても暑かったですね^^;

今日のゼロワンは先週のイズに続き、迅が破壊されてしまいましたね…

個人的に迅は好きなキャラの1人でもあったので、残念ですね…

ゼロワンも残すところあと2話となりましたが、果たして最後どうなるんでしょうね…

熱中症やコロナ対策に気を付けてまた明日から頑張りましょうねー

 

というわけで、今回はTFスタジオシリーズ SS‐54 ディセプティコンオーバーロードを紹介します!

 

 

◆今回の紹介ポイント◆

 ・最後のデバステーター組メンバー

 ・4本腕のロボットモード

 ・付属物はデバステーター合体に欠かせないもの

 ・上半身の独特な可動

f:id:nesutonemesisu:20200805212723j:plain

今回のオーバーロードは、8月1日に発売されたデバステーター組最後のメンバーですね。これでついにデバステーターへ合体させることができますね^^

では早速入りましょう!

 

ビークルモード◆

f:id:nesutonemesisu:20200808150007j:plain

ダンプトラックに変形します。劇中ではコマツ・HD465‐7のアーティキュレートダンプトラックに変形してましたが、今回はそれをベースにしたデザインとなってます。今回のオーバーロードは、リーダークラスということで大きさがあって良いですね!劇中のダンプトラックの特徴をよく捉えていると思います。

f:id:nesutonemesisu:20200808150202j:plain

後部はこんな感じ。積載部分がほぼ埋まってますが、まあ変形や合体上の都合もあるので仕方がないですね^^;

f:id:nesutonemesisu:20200808150619j:plain

劇中のダンプトラックでは連結部で曲がってましたが、今回は変形上の都合もあり一体化となってます。(大きな関節が丸見えなのは気にしてはいけませんw)

 

では、トランスフォーム!

 

◆ロボットモード◆

f:id:nesutonemesisu:20200808151430j:plain

デバステーター組メンバーは、独特な体型が多いですが、今回のオーバーロードもその1体ですね。まず何と言っても特徴は4本の腕と肩幅が広いところですね。このクリーチャーデザイン、とてもカッコ良いですね~

f:id:nesutonemesisu:20200808151725j:plain

背面はこんな感じ。正面は造形が細かいのに対し、背面は若干シンプルな感じですね^^;

f:id:nesutonemesisu:20200808152400j:plain

ところで今回のオーバーロードのロボットデザインは、コンセプトアートと当時発売されたEZコレクションのデザインをモチーフにしたものとなってます。ちなみにコンセプトアートのほうでは脚部が4本でしたが、今回はEZコレクションと同じ2本となってます。

f:id:nesutonemesisu:20200808152945j:plain

頭部アップ

ミックスマスターやロングハウルと同じような感じのデザインですね。相変わらず顔の造形が細かくて良いですね!

 

◆付属物◆

f:id:nesutonemesisu:20200808153424j:plain

今回のオーバーロード、付属武器がない代わりにデバステーター合体の際に使用する合体パーツが付属してます。どの部分に使用するかについては、合体編レビューで紹介します!(まあ形状でどこの部分かわかりますよね?w)

f:id:nesutonemesisu:20200808153716j:plain

合体パーツは、ロボットモードの背面へこのように取り付けることができ、

f:id:nesutonemesisu:20200808154206j:plain

ビークルモードにはこのように取り付けることができます。ビークルでは完全に目立ちますけどねw

f:id:nesutonemesisu:20200808154325j:plain

そして今回のオーバーロードでデバステーター組メンバー最後ということで通常の取り扱説明書に加えて、デバステーター合体の説明書が付属してます。いや~いよいよ合体ですね^^

f:id:nesutonemesisu:20200808154630j:plain

スタジオシリーズお馴染みの飾り台背景は、これまで紹介してデバステーター組と同様、エジプトのピラミッドが描かれてます。(それにしても8体揃うまで長かったですね^^;)

 

◆可動に関して◆

f:id:nesutonemesisu:20200808155133j:plain

さて今回のオーバーロード、ロボットモードだけでなく可動についても独特ですね。特に上半身の可動が独特でポーズ付けには少しコツが必要ですね。今回は上半身の可動を詳しく紹介しようと思います。

f:id:nesutonemesisu:20200808155314j:plain

まず肩の付け根ですが、

f:id:nesutonemesisu:20200808155503j:plain

このように上下させることができ、前後にも動かすことができます。ただ細かい位置で調整するのが少し難しいですね。デバステーター合体の都合上もあってか少し固めですねー

f:id:nesutonemesisu:20200808160021j:plain

肩付け根のすぐ横に関節があり、

f:id:nesutonemesisu:20200808160550j:plain

このように上下させることができます。

f:id:nesutonemesisu:20200808160715j:plain

続いて腕の可動ですが、まず一番内側の腕(反対側も同様)については、

f:id:nesutonemesisu:20200808161151j:plain

関節が2箇所とロールが1箇所あるのでこのように可動させることができます。

f:id:nesutonemesisu:20200808161356j:plain

一番外側の腕については、

f:id:nesutonemesisu:20200808162723j:plain

関節が3箇所とロールが1箇所あり、このように動かすことができます。ちなみに先端のハサミは開閉しません。

f:id:nesutonemesisu:20200808163802j:plain

下半身については通常の可動ですね。変形機構上、足首も動くので接地性も良いですね^^ポーズ付けは、4本の腕をいかに活用するかがポイントのようですねー

f:id:nesutonemesisu:20200808165542j:plain

オーバーロード「これでメンバーが全員揃った…俺たちの本当の力を見せてやろう…」

 

以上、TFスタジオシリーズ SS‐54 ディセプティコンオーバーロードのレビューでした!

これまで紹介したデバステーター組同様、クリーチャーデザインがとてもカッコ良いですね!劇中ではロボットモードが登場してなかったのでどうなるのか心配してましたが、4本腕という独特のデザインで登場するとは驚きましたね^^;ビークル・ロボットどちらもなかなか良い出来だと思うので、皆さんも是非手にしてみてはいかがでしょうか?

さて、これでデバステーター組8体全てのレビューが終わりましたね。近いうちに合体編レビューをしようと思いますので、どうぞお楽しみに!