全てのネメシス系は、この私が手にする…

無口な情報参謀

皆さんこんばんわー

今日は日曜ということで、ニチアサの日ですね。

仮面ライダーギーツは、先週に続きゾンビサバイバルゲーム後半戦ということで

1回戦目のギンペンに続き、今回はダパーンが脱落になりましたね。

(ダパーンの頭部デザイン、個人的に好きだったな~w)

来週また新たなゲームが開幕するようですが、

何やらダパーンのリカラーで新たなライダーが登場するようですねw

そしてドンブラザーズは、獣人メインの回ということで

獣人を倒すとコピー元の人間も死ぬという新たな事実が判明しましたね。

それにしても獣人(ペンギン)は一体誰なんでしょうねー?(やはりあの人物かな…)

来週のニチアサも楽しみにしたいと思います。

9月も残りわずかですが、引き続き来週も頑張りましょう~

 

というわけで、今回はTFプライム アームズマイクロンシリーズ AM‐09 サウンドウェーブを紹介します!

 

 

◆今回の紹介ポイント◆

 ・歴代サウンドウェーブの中でも細身のスタイル

 ・細い腕とディセプティコンエンブレムっぽい顔

 ・胸部にはレーザービークを収納

 ・サソリ型のアームズマイクロン

 

今回のサウンドウェーブは、TFプライムに登場するディセプティコンではお馴染みのキャラですね。歴代サウンドウェーブの中では珍しい無口で顔が画面のような感じになっているのが特徴ですね。自身の声を持たず、他の録音した声を発して情報を伝えていたのが個人的に印象的でしたね。

では早速入りましょう~

 

ビークルモード◆

f:id:nesutonemesisu:20220409171618j:plain

無人偵察機に変形します。アニメ本編ではウィングが長めでしたが、今回は少し短めとなっています。何気にサウンドウェーブで飛行系のビークルは珍しい気もしますね。実はこのサウンドウェーブ、私がTFを集め始めて最初の頃に買ったTFでもあります。(当初は謎ビークルだと思っていましたw)

f:id:nesutonemesisu:20220409171812j:plain

後部はこんな感じ。ちなみに垂直尾翼は軟質パーツとなっています。(後の経年劣化や色褪せが心配ですね^^;)

 

では、トランスフォーム!

 

◆ロボットモード◆

f:id:nesutonemesisu:20220409171918j:plain

歴代サウンドウェーブの中でも細身のスタイルが特徴ですね。合わせて腕がビークルのウィングそのままということで、とても細い腕も目を引きますね~

f:id:nesutonemesisu:20220409172445j:plain

背面はこんな感じ。背負っているガワパーツも無く、とてもスッキリしていますねー

f:id:nesutonemesisu:20220409172538j:plain

いや~しかし細いですねwちなみにアニメ本編でオライオンパックスの回想シーンにて大戦前はマッシブ体型だったことが判明しましたが、一体どういう経緯でこの体型になったんでしょうね?w

f:id:nesutonemesisu:20220409172411j:plain

とにかく今回のサウンドウェーブ、腕がとても細いですね。(指もまた細いな~w)

f:id:nesutonemesisu:20220409174640j:plain

頭部アップ

ディセプティコンエンブレムっぽい形状の顔が特徴ですね。個人的にプライム版のサウンドウェーブの顔立ちは好きですね^^アニメでは、顔の画面に映像等を表示させたりして、メガトロン達に報告をしていましたね。

f:id:nesutonemesisu:20220409174748j:plain

今回のサウンドウェーブですが、胸部のパーツを

f:id:nesutonemesisu:20220409174745j:plain

このように取り外すことができ、

f:id:nesutonemesisu:20220409175039j:plain

サウンドウェーブお馴染みのレーザービークへ変形させることができます。レーザービークもG1のコンドルのような鳥デザインではなく、シンプルな小型偵察機のような感じになっています。ちなみに翼部分は軟質パーツとなっています。

f:id:nesutonemesisu:20220409175249j:plain

翼部分は上下に可動させることができます。サウンドウェーブの腕に取り付けると良い感じですね!

 

◆アームズマイクロン(ゾリ)◆

f:id:nesutonemesisu:20220409175148j:plain

サソリ型のアームズマイクロンですね。アームズマイクロン劇場でも何もしゃべることなく、背面の壁に張り付いていましたねw

f:id:nesutonemesisu:20220409175448j:plain

背面はこんな感じ。持ち手部分が尻尾のような感じになっていて可愛らしいですねw

f:id:nesutonemesisu:20220409175708j:plain

頭部アップ

ディセプティコンということで単眼フェイスですね。小さな牙がちょっと可愛らしいw

f:id:nesutonemesisu:20220409175620j:plain

サウンドウェーブ「・・・(アームズアップ)」

フレキシブルキャノンに変形します。アニメ本編ではサウンドウェーブの触覚だったものですね。武器というよりサウンドウェーブの一部のような感じですね。

f:id:nesutonemesisu:20220409180012j:plain

ウェポンモードは、ビークルモードに取り付けることができます。

 

◆可動に関して◆

f:id:nesutonemesisu:20220409180237j:plain

脚部の形状が独特なところもあり、膝が曲げにくいため、下半身についてはあまり可動範囲は広くないですね^^;その代わり上半身は、肩から腕にかけて可動部が複数あるため、ある程度動かすことはできますね。

f:id:nesutonemesisu:20220409180115j:plain

腕の細さを利用して、ブレードのような感じでポージングさせると良いですね!アニメでもエアラクニッドと戦った際、腕で攻撃を防いでいましたね。

f:id:nesutonemesisu:20220409180455j:plain

サウンドウェーブ「・・・(メガトロン様のために情報を集める)」

 

以上、TFプライム アームズマイクロンシリーズ AM‐09 サウンドウェーブのレビューでした!

歴代サウンドウェーブでは珍しい細身のスタイルが特徴的なアイテムとなっており、特にディセプティコンエンブレムっぽい形状の頭部と細い腕が目を引きますね。胸部パーツを取り外して、レーザービークとしてサウンドウェーブと絡めて遊んだり、細い腕を利用してブレードのように見立てたポージング等、色々遊べるのも良いですね。付属のアームズマイクロンのサソリ型デザインもどこか可愛らしい感じになっていますので、皆さんもどこかで見かけた際は手にしてみてはいかがでしょうか?